肥満がもたらす病気・・・今すぐ痩せる事をおすすめする肥満の恐怖

最近では、肥満が原因となり起こってしまう病気も多くなっています。肥満に関しては美容上の問題だけでなく、体にも悪影響を及ぼしてしまうという事を皆さんもご存知だと思います。今回は、肥満が原因となって引き起こしてしまう病気について紹介していきます。
・糖尿病です。血糖値を下げる働きをするのは、インスリンというホルモンです。しかし、内臓脂肪が増えてしまう事により、インスリンの働きを悪くするTNF-αという物質がたくさん分泌されてしまいます。その結果、ブドウ糖が細胞に取り込まれにくくなって糖尿病になってしまいます。
・高血圧です。肥満の人は、血液の循環が増えるので心臓から血液を送り出すために、大きな圧力が必要になってきます。内臓脂肪からTNF-αが分泌されることにより、インスリンの働きが下し、インスリンが大量に分泌されるようになります。
インスリンは、腎臓の機能を低下させるので、塩分がうまく排出できなかったり、血圧を上昇させてしまいます。内臓脂肪からは、アンジオテンシノーゲンという物質も分泌されますが、この物質には、末梢血管を収縮させて、血圧を上昇する作用があります。
・脂質異常症です。血液中のコレステロールや中性脂肪が多すぎる状態のことですが、肥満は、脂肪異常症の最大の原因となっています。脂質異常症になると血液の粘土が高くなるので動脈硬化を招きやすくなります。
・心筋梗塞、脳梗塞です。肥満の人は、糖尿病や高血圧、脂質異常症になりやすい傾向がありますが、これらの病気はすべて動脈硬化の引き金になります。また、内臓脂肪が増えることより、血液を固まらせる作用があるPAI-1という物質が分泌されるので、さらに動脈硬化のリスクが高まってしまいます。
動脈硬化が心臓の血管で進行する事により、心筋梗塞に脳の血管で進行する事により、脳梗塞になって、最悪の場合には命を落としてしまう可能性もあるのです。
また、肥満になるとのどの周りが脂肪により塞がれてしまうので、睡眠時に何度も呼吸が止まる、睡眠時無呼吸症候群を招きやすくなります。睡眠時無呼吸症候群になると十分な睡眠を得ることが出来ず、日中、眠気に襲われたり、判断力や集中力が欠けてしまいます。
実際に肥満が原因となり引き起こしてしまう病気はたくさんありますが、その中でも何より自分の肥満を解消に導く事が出来るように努力する必要があります。肥満が引き金となって起こってしまう病気は、完治する事が難しので、ずっと付き合って行く必要がある病気ばかりです。
何よりも自分の体調を管理する為に、肥満の人はきちんと肥満を改善できる生活習慣を身につけるようにして、健康を維持していく事が大切になってきます。